top of page

蠱惑『KOWAKU』展

2023年12月2日~30日

ローランド・ハーゲンバーグの蠱惑展は、29日間開催されました。

今回のユーモア溢れるローランド氏独特の物語で構成された墨画には解読する要素があり、浮世絵師の鈴木春信のまねえもん登場のように” どこかに小さいローランドさん” を見つける子どもや大人も一緒に興味深く、楽しくご覧になっていました。      
有形文化財、日本画家・今尾景年(1845-1924)のアトリエであった素晴らしい建物にふさわしい作品の展示空間が設定され、麓寿庵に来られた海外からのお客様も興味深く作品を眺め撮影され、とてもに人気を帯びた展覧会となりました。数百年経った今も見るものにその魅力を持ち続けている歌麿や白隠の自由な画法がお手本となり、ローランド氏のライターとしての経験が活かされ自然に微笑んでしまう自由な墨画の魅力が表現されていました。「蠱惑KOWAKU」展は、まさに日本の巨匠たちへの皮肉なオマージュであり、それにふさわしく、今尾景年のアトリエであった麓寿庵が多くの方に愛され、関心を持たれ知っていただけたことと思います。木々の間のつくばいから水が流れる音、そんな自然の心地よさのある庭を眺める空間とローランド氏の蠱惑展(人の心を惹きつけ惑わす)が総合的にご紹介できたことに嬉しく、次回に繋がる展覧会だと確信いたしました。